人手不足の業界

トラックドライバーも人手不足ですが、バス運転手も人手不足です。
トラックドライバーほどの不足ではないですが、需要が増えると予想されるので、若いバス運転手がなかなか増えないのが現状です。
車を持たない人が増え、高齢者が移動手段として使うので、需要は増えていきます。

バス業界としては高齢者などの利用者が多く、売り上げもそれだけでは十分ではありません。
そのために需要はあるけど儲からない業界となっており、国からなどの補助金で成り立っている会社も多く、赤字ギリギリでやっているところもあります。

バス運転手になるには

乗用車とはバスは違いますので、大型第二種自動車運転免許が必須です。
普通自動車運転免許・大型一種自動車運転免許・大型特殊自動車免許のどれかを取得し、3年以上経過していることが条件です。
必ずこの大型二種を取得しないとなりません。

民間のバス会社に就職する時は社員として、公営バス会社に就職するときは公務員になります。
採用時は、筆記試験や実技試験に身体検査などがあります。
入社するとまずは新人研修があり座学などを学びます。
そして路線を覚えたり、アナウンスの練習をしたり、実技訓練、マナー研修と行い、いよいよ運転手としてデビューします。
仕事はシフト制で勤務しますので、休みは不定期です。

魅力

バスは一般的に高さや幅があるために、運転していると爽快感があると言われています。
バスを自分の思い通りに動かせると、きっと気分が良いことでしょう。
最初は運転も緊張するかもしれませんが、慣れれば運転が楽しくなります。

また勤務中はお客さん以外の人とはほとんど接触せず、会社の同僚などとも一緒に仕事はしないので、他人と煩わしく関わる必要はありません。
営業所に戻れば同僚などと話したり挨拶したりはしますが、勤務中は一人で仕事をするので、人間関係に悩む必要はありません。

シフト制で勤務時間は不定期ですが、その反面平日や昼間にも休むことが可能です。
日中に用事を済ませたり出来ますので、朝出社して夕方定時に帰るサラリーマンよりも、時間は有効に使えるかもしれません。

仕事をするなら、マナーは大事です。
お客様を乗せて移動しますので、お客様に快適に乗ってもらうように心がけないとなりません。
自分の健康管理も大切でしょう。

さらに一番大事なのは交通事故を起こさないようにすることであり、バスを運転すれば乗っているお客様の命を預かっているということにもなります。
車体の大きなバスを運転しますので、安全第一でバスを走らせ、交通事故を起こさないようにしなければなりません。
快適にバスに乗ってもらうためには、急発進急ブレーキをせず、優しくバスを扱うということも大切です。