回送ドライバーとは

回送とは、交通機関の車両を営業運転せずに目的地まで移動させます。
よくバスの回送運転を見ますが、そのようなものだとイメージしてもらえばいいでしょう。
回送ドライバーは、移動車両が使われなくなったときに、元の場所に戻すのが仕事です。
レンタカーが代表的ですが、その他にも交通機関などの車を移動させることもあります。

仕事をしたい人は、運転免許は必須です。
普通自動車免許だけでも仕事は出来ますが、中型や大型もあった方が仕事の幅は広がります。
回送と回送の間は交通機関などを利用して移動しますので、地理をわからないといけません。
回送業務を行っているときは、目的地の変更などの連絡がきますので、スマートフォンなどで連絡を取ります。

回送ドライバーの種類

・レンタカー営業所ドライバー
指定されたレンタカーを清掃洗車し、店舗駐車場まで回送するのが主な仕事です。
店舗によってはカウンター対応までやらされる場合があります。

・回送ドライバー
レンタカーの各店舗を回り、それぞれの店舗から店舗へ順次回送していきます。
レンタカーはシーズンがありますので、暇なときはとても暇です。

・自動車整備・自動車販売回送ドライバー
求人数としてはとても少ないです。
整備工場の車両点検の車や、輸入自動車会社の整備工場とお客様の間を回送するドライバーなどがあります。
車を回送する以外に、キャリアカーに複数台のせて牽引することもあるので、会社によっては大型免許必須です。

いくらぐらい稼げるか

仕事時間としては、日勤の他に店舗の営業時間外の夜勤もあります。
給料としては1日1万円以上と、待遇が良いところも多いです。
ただ歩合制のところは回送をしないと報酬は発生しないので、車を回送する回数に収入は左右されます。

正社員や契約社員やアルバイトとしての働き方があり、残業代も出るところもあります。
回送業務と言っても、短い距離から長距離までいろいろあり、日本全国を移動するような場合もあります。

求人はそこまでは多くはないですが、探せば募集はみつかり、求人誌や求人サイトなどで募集があります。
見つけやすいのがレンタカー会社の回送業務であり、レンタカー会社なら日本全国に店舗を持っているので、あなたの近場の店舗から仕事を始めることも可能です。

求人では歩合性の場合と日給の場合がありますので、まずは応募する会社はどのような給与形態になっているか調べましょう。
歩合制だと暇なときはほとんど給与は発生しないので、気をつけないとなりません。
即応募しなくても、説明会を開催しているような企業もありますので、まずはどのような仕事か知りたければ、説明会に参加すると良いです。