宅配ドライバーになるためには?

宅配ドライバーになるためには、普通自動車運転免許は必須です。
その他の資格は特に必要なく、普通自動車が運転できれば仕事は出来ます。
宅配便配達会社や運送会社で働き、仕事をしたいならそのような会社で募集しているところを探しましょう。

入社すると新人研修や伝票の書き方などを覚え、担当地域で荷物の集荷配達を行います。
ドライバーの助手として助手席に乗って、仕事を覚えながら勤務していくところも、最初からドライバーとして仕事する会社もあります。
大きなトラックを運転して集荷や配達を行うなら、大型免許も必要になります。

給料は配達する荷物の量によって決まりますので、多く運ぶほど給料は高く、やる気次第で給料は変わってきます。
荷物の積み込みと下ろすのはドライバーが行いますので、体力は求められる仕事です。
お客様に荷物を手渡しで届けますので、人とのコミュニケーションやマナーも求められます。
そうして入社すると、宅配ドライバーとして、各家庭を巡回していき、仕事を行っていきます。

仕事内容

宅配荷物をお客様に届けるのが仕事です。
エリアごとに担当し、そのエリアを回って配達します。
出勤するとまず荷物の仕分を行い、自分のエリアの荷物を確認したら、配達コースを回りながら配達します。

配達が終われば今度は集荷であり、荷物を集めに回ります。
集荷の場合は主にオフィスやコンビニを回ることになります。
運転する車の大きさによっても、家庭がメインか、企業をメインで回るかが違ってきます。
トラックだと企業を、軽トラックだと家庭がメインとなります。

仕事について

仕事はお客様のところに1件1件訪れますので、ドライバーが会社の顔ともなります。
そのためにマナーは大切であり、笑顔で対応しないとなりません。
何件も回ると疲れて大変かもしれませんが、それでも嫌な顔せず配達と集荷を行う必要があります。

会社によってはまずはアルバイトから始め、1年や2年経過すると社員になれるという制度もあります。
荷積みと荷下ろしをしないとならず、お客様のところを車で到着すると足で訪問しないとならないので、体力のいる仕事です。
不在の場合もあり、荷物が予定通り配れないこともあります。

宅配ドライバーとしての魅力は、多くの人と出会えることです。
いろいろなお客様のところを回りますので、多くの出会いが生まれ、時には配達して感謝されることもあります。
そうするとお客様のために荷物を丁寧に確実に配ろうと、より仕事に対して熱が入るでしょう。
また荷物を配れば配るだけ稼げますので、あなたのやり方と効率次第で収入は変わってきます。
やる気さえあれば沢山荷物を運び、稼げる仕事でもあります。