送迎ドライバーとは?

送迎ドライバーは、ある施設へ人を送迎する運転手のことを言います。
送迎ドライバーと言っても色々種類があり、幼稚園や介護施設などの身近なところから、ホテルやアミューズメントパーク、病院や百貨店など多岐にわたります。
どの場所に運ぶかでも乗る人は変わってきて、主にマイクロバスを使って送迎します。

仕事をする場合は、送迎ドライバーのみで生計を立てるのではなく、スポットで働くような方もいます。
施設によっても数時間の一部の時間帯だけ送迎して欲しいということもありますので、副業として働く事もでき、また1日中送迎するような場所では正社員として働くことも出来ます。

運行時間は決まっており、ルートも一定なので、残業は発生しにくく定時で帰れます。
プライベートとも両立しやすく、沢山稼ぎたいという人向けではありませんが、収入設計の立てやすい仕事です。

仕事について

仕事では一番考えなくてはならないのは安全であり、事故を起こさないように運転しないとなりません。
多くの人を乗せて運転するので、乗る人の安全が第一であり、また快適に乗ってもらうように急ブレーキなどはすべきではありません。

施設によっては営業開始時間や、サービス提供時間が決まっているので、それまでにお客さんを乗せて施設まで運ばないとならず、時間厳守の仕事です。
お客さんは一カ所に集まってそこから乗せて行くようなケースと、それぞれの自宅までバスで迎えに行くようなケースがあります。

給与は時給で決められている事が多く、時給は800円や900円ぐらいです。
他の時給の仕事に比べると、高いと言うほどの給料ではありません。
そのためガッツリと稼ぎたいという人向けではないでしょう。

メリット

人を運ぶのが仕事であり、毎回送迎していれば、同じ顔ぶれになることも多く、何気ない挨拶をかわしたりします。
利用する人の生活を支える仕事であり、続けていくと縁の下の力持ちのような仕事なので、やりがいも感じます。
人と話したりする事も多く、人と接するのが好きな人向けの仕事です。
送迎する人と挨拶したり、何気ない会話をしたりするのも、仕事をしていて楽しいものです。

またスポットで働くなら、自分の空いた時間を有効に使う事ができ、副収入を得ることも可能です。
運転が好きな人や、時間を有効に使いたいという人には、スポットで働ける送迎ドライバーの仕事を探すと良いでしょう。
仕事中は同僚など接する必要もないので、会社の人との関係もあまり気にせずに働けます。

送迎ドライバーとしての仕事も、マイクロバス以外にも、普通自動車で送迎するような仕事もあり、どちらも普通免許を持っていれば、運転できるので仕事が出来ます。