タクシードライバーとして働くためには?

タクシードライバーになるには、資格としては普通自動車運転免許を持っていれば、ドライバーになることは出来ます。
タクシー会社に応募し面接を受けて採用されれば、そのときからあなたはタクシードライバーです。
しかしほとんどの会社では、タクシーを運転するのに二種免許を必要としています。
もしも取得していないなら、入社後に取得となりますが、多くの場合は取得費用を会社が補助してくれます。

そして新人研修や社外研修・マナー研修などを経て、いよいよタクシードライバーとして公道デビューです。
仕事を始めると、どれぐらいお客さんを獲得できるかで、収入は違ってきます。
効率よくお客さんを獲得するドライバーほど、収入は高くなります。

タクシードライバーの本音

それでは実際にタクシードライバーとして仕事をしている人の声をいくつかご紹介します。

・昼間は変わりないが、深夜は利用者が減った
・老若男女問わずたちの悪いお客さんが増えており、目的地についても料金を支払わない人もいる
・自由はあるけど歩合ですべて収入は決まるので、収入の少ないときもある
・燃料費などを天引きされるので、会社によって収入が違ってくる
・利用者の多いスポットは、お客さんの取り合いになっている

などなどいろいろな話があります。
タクシーという特殊な業界なので、突出した話も多いようです。

タクシードライバーは自由なのか?

タクシードライバーというと、仕事中は初めから終わりまで、一人でタクシーを運転しており、自由が多いような仕事というイメージがあるかもしれません。
確かに食事の時間などは空いたときに行うので、そのような自由はあります。
ただし好きなときに好きなだけ休憩して良いというわけではありません。

タクシー協会は、街を走りタクシーを監視しています。
料金メーターを入れずに走り正規料金をもらわなかったり、そのようなタクシーがあると協会の監視の人に止められ、社名や名前を聞かれさらには会社にも報告されます。
減点となり、このようなことが続くと業務停止になるのです。

またお客さんとのトラブルもあったりします。
料金を払ってくれない人や、道を間違えたら声を荒げる人、タクシードライバーでも乱暴に運転する人もいますが、お客さんとのトラブルも多い業界です。
どのような人が乗ってくるかわからず、お客さんは選べないので色々な人がいるのです。

ただ効率よくタクシーを運転し、お客さんを沢山獲得できれば、サラリーマン以上の収入を得ることも出来る業界であり、がんばり次第です。
乗る人が少なく収入が少ない業界という話もありますが、月収50万円や60万円以上も稼ぐ方もいる世界です。