道路標識問題集

車の運転免許だけ持っていて運転はしないという人に、まずは道路標識問題集で道路標識の意味を確認しましょう。
道路にある標識の意味を覚えて暗記できるアプリです。
すでに免許を取得する時には、学科試験の問題に道路標識のことも出題されるので、意味を暗記したとは思いますが、ペーパードライバーのまま運転しないと忘れていることも多いでしょう。

アプリはシンプルな作りであり、道路標識が表示され何を意味するか考えるだけです。
解答表示をタップすると道路標識の解答が表示されますので、それをみて正解かどうか確認しましょう。
道路標識を覚えるには繰り返し学習するのが効果的なので、何度も繰り返して覚えるべきです。

駐車の達人4

ペーパードライバーの方にとっては運転するときに気になるのは、駐車のことでしょう。
なかなか慣れないと上手く出来ないことも多いです。
そこでまずは運転する前にイメージトレーニングしましょう。

駐車の達人4は駐車に特化したアプリであり、駐車シュミレーターといっても良いかもしれません。
アプリでは黄色の駐車場所の中に車を操作して移動させていき、ハンドルとブレーキとアクセルが表示されますので、それらを上手く使って操作しましょう。
縦列駐車や駐車場所のシチュエーションがいろいろあったりと、実際に駐車場のようにして操作練習できます。
黄色の駐車場所内に車を停めれば、そのステージはクリアです。
ステージが進むごとにどんどん難しい地形になっていき、駐車の腕も上がっていきます。

実際に車を運転しているように操作して、アプリで練習するばかりでなく、イメージトレーニングにもなります。
視点は自動車内から見た場合と、上空から見下ろした場合の2つが選択できます。
リアルに練習したいなら、車内からの視点を選ぶと良いでしょう。

HANKO Change Drive 運転診断

運転技術に自信がない方は、安全運転レベルチェックをしてみましょう。
HANKO Change Drive 運転診断は、実際に車を運転しながら使うアプリです。
アプリを起動し、スタートボタンをタップし、カップフォルダなどにスマートフォンを起きます。
そして2km以上運転すると、診断結果を表示してくれます。

ポイントは、発進・巡航・減速の3つです。
それぞれ100点満点で評価され、3つのスコアの平均点が総合スコアとなります。
そして診断結果が出ると弱点のアドバイスが表示されますので、それを見て自分の運転の悪い部分をチェックして改善しましょう。

あまり必要ないかもしれませんが、オンラインで総合スコアランキングも参照できるので、自分のスコアと照らし合わせて見てみるのも面白いかもしれません。